前へ
次へ

不動産の売買を通じて住み替えをするとき

既に一戸建てやマンションなどを保有しているが、いろいろな問題があるために住み替えを検討することがあるでしょう。
一応次の住まいに関しても購入をする予定にしているなら、売却と購入の作業が必要になります。
リサイクルショップで販売している程度のものであれば多少売却と購入がずれたとしてもそれほど大きな問題にはならないでしょう。
しかし不動産の売買となるとタイミングを間違えることで予想外のコストがかかる可能性があります。
住み替えをするための不動産の売買でどちらを先にするかですが、売却を先にしてしまうと購入先が決まっていないときは一時的に住むところがなくなります。
賃貸を利用したり引越し回数が増えるなどのコストがかかる可能性があるので注意が必要です。
購入を先にすると賃貸は利用しなくていいですし引越しも一回で済みます。
売却代金を購入資金に充てようとするのであればうまくいかない可能性があります。
住宅ローンなどを活用すると良い時もあります。

Page Top