前へ
次へ

不動産売買で売り主側が注意すること

不動産売買には、土地を売る側と買う側で様々な注意点があります。
不動産の取引には税金や登記に関することなど法律にかかわることがたくさん出てきます。
日常生活においてあまり馴染みのない現象です。
売買に関する取引をする前に注意点などは調べておいた方が望ましいです。
では、不動産売りたいときにはどのような点に3つの点に注意すると良いです。
まず、売り出し価格をいくらの設定にするかから始まります。
これは売却するためには重大な要素です。
次に、売却に関するスケジュールに関してです。
売却価格が決まったら、いよいよ売り出しになります。
売り主側が現地状況を視察し、価格交渉や契約、明け渡しまでのスケジュールを調整し話を進めていきます。
最後に、お金の問題になります。
土地や建物の売却には様々な諸経費がかかります。
業者の仲介手数料、書類に用いる印紙や証紙などです。
また、税金もかかりますから、買い主側との契約前にあらかじめ計算しておく必要があります。

Page Top