前へ
次へ

全体像をイメージして不動産売買に移る

ハウスメーカーなどは、経験からの予測をもとに見積もりを出してくれます。
不動産の売買では、見積もり次第で「できること・できないこと」が見えてきます。
プラン検討の段階で出てくるのは概算ですから、後から増えることも考えられます。
基本設計までならばハウスメーカーなどでは無料にて対応してくれます。
合意のもとにプラン決定、詳細設計へと移行します。
不動産売買は、個人向けだけでなく、事業向けにも展開されています。
土地活用が代表例ですが、テナントの要望に合わせて建物を設計することがあったり、土地オーナーの意見を反映しながら、という設計プランがあります。
詳細設計でコストを下げなければ、請負契約後に下げることは難しくなります。
感覚的に注文住宅を設計するのと変わらない話も耳にします。
外壁の素材、フローリングの素材など、安くて良い建物を建築できるように粘りましょう。
不動産では、建物を建てる、賃貸経営をする、土地を売却する、色々な売買計画があります。
プラン検討から納税まで、全体計画を頭に入れてから始めなければなりません。
得をする、満足するには、ある程度の知識とサポートするベストパートナーを得ることです。

Page Top