前へ
次へ

自宅不動産の売買はどこにお願いすべきか

現在様々な理由から、手持ち不動産の売却を考えている方は多いと思います。
しかし、自身で買い手を探すのはとても時間と労力のかかる作業です。
自分で買い手を探せる人などはほんの一握りしかいないでしょう。
そこで実際には、自身の不動産を売買してもらう際には、専門業者にお願いするのがもっともシンプルなパターンと言えます。
なかでも一つの業者に絞ってお願いする場合と、複数の業者にお願いする場合とがあり、それぞれメリットデメリットがあります。
ここでひとつ補足しておくと、どちらで買い手を探してもらうにして、も自身の不動産の売却価格は同じで設定ができます。
まず一つに絞ってお願いする場合のメリットは、まず専任となる営業担当がつきます。
この営業担当の頑張りにより実際に売却契約が成立した場合、専任の営業担当に対する報酬が大きくなる為、営業担当自身のモチベーションも自然と上がり事となり、頑張って紹介をしてくれる事になります。
反対にデメリットしては、専属である以上営業担当に実力で結果が大きく左右されてしまう点と、紹介元が一つになってしまうので、市場にいる買い手の目に止まり難い点があります。
もう一つの方法である複数業者にお願いするメリットは、その業者毎に得意分野を持っているのは当然で、また様々な媒体での紹介される事にもなるので、市場にいる買い手の目にも触れる機会が増え、もちろんそこから成約に繋がる可能性も高くなります。
反対にデメリットとしては、専任ほど報酬が高くならない為、営業担当があまり手をかけてくれない事も多いと言えます。
また様々な媒体から紹介されている事により、売却を焦っている印象を与えてしまい、何かマイナスな理由があるのではないかと推測されてしまう事もあります。
このように自身の大切な不動産売買には、それぞれのメリットデメリットあがりますので、これらをふまえた上で自身に合った売買の業者を検討してみると良いでしょう。

横断幕制作で選ぶなら茨城の中央工芸へ

【神戸市全域対応】トイレつまり修理店

物品の立替購入の計算代行なら経費精算「eKeihi」

NMPSスペシャリストBPO

決済代行

Page Top