前へ
次へ

不動産売買における売買契約書の中身とは

不動産を売買するにあたっては、トラブルなどを防ぐ目的として、売買契約書を交わすのが一般的です。
実は、この契約書は、原則として自由であり、法令に違反する、公序良俗に反さない内容であれば、内容は自由に取り決めができます。
個人間の間においては、契約書を交わさずに不動産を売買することも可能です。
ただし、後のトラブルを防ぐ目的とし、契約書を交わすのが社会的に推奨されています。
自由に売買することは可能ですが、不動産会社に至っては、自ら売る際に制限が設けられています。
土地の取引は、多くの方が行う普遍的な内容であり、自由に契約書を交わすことができますが、雛形のような契約書があります。
その中には、物件の表示、精算の仕方、所有権の移転と引渡しの時期などの記載内容です。
不動産の契約書には、契約に対する解除の取り決めなども記載される場合が一般的です。
例えば、土地に抵当権が付いている場合や、売主だけに所有権があるわけではなく、共有財産である場合などが挙げられます。

Page Top